HOME>オススメ情報>色んなフィールドへ視野を広げた教育を受ける

安心できる学びがあるか否か

イラスト

アニメに関心がある高校生もいれば、将来はアニメ制作に携わりたい高校生もいるでしょう。メディア表現として「動きを楽しむ」ことを指導するのが専門学校などの教育機関です。連続した絵の仕組みから、色んな装置を用いた授業もありますし、今でもコマ撮りも絵コンテの工程も行われています。将来的に進む道によって専攻も違うはずで、選び方の基準は専攻ともいえるでしょう。幅広く活躍したいのなら、映像より編集で意味が変わりますから、編集部の活況にも目を向けましょう。最近では、コンピューターなどで作成した映像とプロジェクタなどの映写機器を用いるプロジェクションマッピングに挑戦できることをウリにする教育機関もあります。この手法は、取り組むために場所を確保しなければならず、その他の事柄でも許可申請、提携や連携、著作権などまでトラブル0で選ぶことが要点です。

独学でなら割安

原稿用紙

高校3年生にとってアニメ業界へ進む考えならば、専門の知識や技術を学ぶために専門学校、短大、大学へと進むでしょう。もちろん、日本のアニメは歴史があり、偉人も独学あるいは巨匠の弟子(アシスタント)となり、知識や技術を拾得していて、独学も不可能ではありません。費用的には、少なからず技術をかじっているなら、アシスタントとなり、経験を重ねて行くことがムダもなく安価に学ぶことができます。働きながらですから、アナログならば必要な画材、デジタルなら必要な電子機器も購入できるでしょう。ちなみに、専門学校で3年制・昼の部での入学金・授業料・施設設備費の相場は、1年次で100万円~130万円程度だといいます。

通学という進路を考える

描く人

通信制高校から、同じく通信制へとコマを進めるのならば、学費も割安となるでしょう。アニメ業界も幅があり、デジタル版からアナログ方式まで、技術面にも差が生じるために、オールマイティーとなる学びの園へ進路を考えるのも一法です。国内外のアニメから、映画や漫画などの映像までの作品を収蔵し、視聴できるライブラリーや資料室などを設けるなど、充実した教育環境、創造的空間が形成されていることも評価されています。もちろん、費用をかけたくなるのは有名、巨匠たちが卒業生である教育機関での学びでしょう。ライブラリーを利用したいなら、通信より費用はかかるものの、得られるものも多い通学を考えましょう。

広告募集中